水や液体を扱う業者は、全て水商売と呼ばれていた

水商売という言葉や職業に、元々性的な意味は皆無であった

『さゆり』(1999年)という小説がある。祇園の芸子をえがいて評判になった、アーサー・ゴールデンの作品である。映画化もされており、そちらでなじんだ人は、すくなくないだろう。そして、あの小説も原題は、『メモリーズ・オブ・ア・ゲイシャ』(1997年)になっていた。伝統的な芸妓は、今日の日本にもうそれほどのこっていない。さびれてゆく花街で、ぽつりぽつりと老妓たちを見かけるのが、現状である。あいかわらず健在といっていいのは、京都と金沢ぐらいであろう。

とりわけ京都には、すたれゆく花柳文化をまもる気概がある。にもかかわらず、用語としては芸子でなく芸者が全国、そして世界へひろまった。理不尽な気もするが、あきらめよう。そうさせてしまうのが、国家権力とともにある東京の力である。余談だが、「花街」のことも、京都では「かがい」とよぶ。しかし、こちらも関東流の「はなまち」が、共通語になっているようだ。まあ、ゲイシャとちがい、ハナマチのほうは国際化されていないのが、すくいだが。芸者は、歌、おどり、話術などで宴席のはなやぎにつとめる女たちのことをさす。

しかし、そういう仕事はがんらい男たちに、まかされていた。いわゆる幇間、あるいはたいこもちのつとめだったのである。だから、江戸初期までは、もっぱらそういう男たちのことを、芸者とよんでいた。そう、芸者は、もともと男だったのである。だが、18世紀になると、宴席をにぎわす女たちも、めだってくる。江戸では、彼女らのことを、男の芸者と区別するために、女芸者とよんだ。それまで、芸者の呼称を独占していた幇間たちは、かわって男芸者と言われるようになる。
僕は大阪枚方市で高収入の日払い仕事で生活費を稼いでいます。毎日たくさんの人々が集まり活気のある大阪で働いていると、自然にテンションが上がってきたり、楽しい気分になりますよ、


What's New
2014/08/28 Recommendを更新しました。
2014/08/24 新着記事を更新しました。
2014/08/23 盛衰の激しい商売を更新しました。
2014/08/20 芸者の性的なねうちを更新しました。
2014/08/18 オペレッタを更新しました。
2014/08/16 室町時代の芸者を更新しました。
2014/08/15 水商売という言葉や職業に、元々性的な意味は皆無であったを更新しました。
2014/08/12 ホームページをリニューアルしました。

今得サイト
e-DreamフードルTVラブギャラリー
地方別に全国の風俗店の詳細情報を集めました。関西一円のお得な風俗情報や風俗嬢を、動画や写真・漫画等で探せるサイトです。首都圏の風俗情報満載!風俗体験動画満載!!